マツコニュース

マツコ・デラックスのまとめ、ニュースブログ

*

新・3大 コスモスの冒険しすぎたガチャガチャまとめ【マツコ&有吉の怒り新党】

   

マツコ・デラックスのレギュラー番組『マツコ&有吉の怒り新党』(2015/5/20)で放送された、
「新・3大 コスモスの冒険しすぎたガチャガチャ」をまとめました。
sinsandaikosumosugachatop

コスモスは1977年に誕生し、
純日本製のガチャガチャの礎を築いたとまで言われる伝説のメーカーです。
kosumosusya

コスモス社が作った自動販売機型純正ガチャガチャは、
20年ほど前に消滅しました。

しかし当時を知る一部の大人達に、
強烈な記憶を残すほど斬新なガチャガチャを世に放っていたのがコスモス社です。

今回はコスモスが産み出した数々のガチャガチャの中でも、
特に冒険しすぎたもの3つを選びました。

○○ボール(新・3大その1)

新・3大の前に、
コスモスのガチャガチャを一部紹介。

月の石
tsukinoishi

ゴムの塊を黒く塗ったモノを大胆にも月の石と名付けた一品。

電卓ペンダント
dentakupendanto

オシャレと計算を同時にできるのかと思いきや、
電卓はただの模型です。

ビックリ蛇口
bikkurijyaguchi

水道の蛇口部分を模型にした斬新なミニチュア。

青木キーホルダー
aokikihoruda

全国の青木さんだけがギリギリ使えるシンプルな一品。

16連打マシーン
16rendamasin

ゲーム機のボタンだけを切り取った商品。

もちろん押しても何も起こりません。

子供達からの需要はさておき、
我が道を独走するラインナップを誇っていました。

そしてそんな商品の中でも、
特にヘンテコなガチャガチャがあります。

当時子供達に超人気だったスポーツ系のガチャガチャでありながら、
冒険しすぎてしまった一品。

その商品とは、
サインボールです。
sainboru

そしてサインの主は、
長島一茂。

ミスターではなく、
息子一茂さんのサインボールです。

さらに厳密に言えば、
サインでもなく明朝体の活字。

もはやただの名前印刷ボールです。

スポンサーリンク

○○カー(新・3大その2)

1970年代後半、
カーレースをテーマにしたマンガ「サーキットの狼」のヒットにより、
日本中でスーパーカーブームが巻き起こりました。

このブームによって生まれたのが、
スーパーカー消しゴムです。
supakakeshigomu

当時の子供達に大流行しました。

各社がこぞってこのスーパーカー消しゴムを作る中、
コスモスもこのブームに乗っかり、
自己流スーパーカーを作りまくったのです。

特大スーパーカー
tokudaisupaka

スーパーデコトラ消しゴム
supadekotorakeshigomu

未来カー
miraika

進化させすぎた未来バージョンは、
消しゴム全然関係なくなっています。

しかしコスモスがブームに乗って、
ヘンテコスーパーカーを作りまくっていた頃、
子供達の環境にある変化が起こるのです。

学校にスーパーカー消しゴムや車のおもちゃなどを持っていく子供が増え、
それが問題になりました。

このままでは子供達が離れていってしまうと懸念したコスモスは、
あるスーパーカーを開発。

それが公式カーです。
koushikika

絶対学校で怒られないコスモス渾身のスーパーカー。

そのボディには三角形面積の公式が大きく記され、
koushikikabody

フロント部分には底辺と高さの位置を示す図を掲載しています。
kousikikafuronto

そして最後には三角形の種類です。
kousikikasankakukeisyurui

公式カーはこれだけではありません。

分数の足し算やかけ算が学べる公式カー
bunsuukousikika

四角形の面積を求める公式や穴埋め算が学べる公式カー
sikakukeikousikika

など学校に持っていくべきスーパーカーとなっています。

しかし人気はなかったとのこと。

○○パズル(新・3大その3)

パズルは、
コスモスのガチャガチャで数多くのシリーズが出されています。

1980年代にルービックキューブが流行すると、
それを模倣した6面パズルをガチャガチャに投入。
6menpuzzle

さらにコスモスはとりあえず形を試行錯誤する中で、
複雑にしすぎて何をどうすれば良いのか分からないパズルを作り出すことも。
piramiddopuzzle

さらには逆に簡単すぎるパズルを作ってしまったり、
kunekunering

数字がロボットに変形する凝ったパズルを作ったかと思えば、
suujirobo

もはやパズルでも何でもない、
ただのルービックキューブ風の小物入れっぽいものを作ってみたりと、
コスモスのパズル作りは迷走を極めました。
puzzlefuukomonoire

その中でも特に異彩を放つパズルが。

それは、
ジグソーパズルです。
jigusopuzzle

ジグソーパズルといえば普通は、
素敵な風景・可愛いキャラクター・名画などが題材になりがちですが、
これは違います。

鍋焼きうどんです。
nabeyakiudonpuzzle

渋すぎるチョイスとなっています。

 - マツコ&有吉の怒り新党

スポンサーリンク

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 記事の更新を続けたいので、拡散お願いしますm(_ _)m

  関連記事