マツコニュース

マツコ・デラックスのまとめ、ニュースブログ

*

身近なアレの正式名称を調べてみた件PART2まとめ【月曜から夜ふかし】

   

マツコ・デラックスのレギュラー番組『月曜から夜ふかし』(2015/6/15)で放送された、
「身近なアレの正式名称を調べてみた件PART2」をまとめました。
yofukashiseisikimeisyou2top

我々の身の回りには、
正式名称が知られていないモノが多いです。

お店のトイレで見かけるコレ

faiyahorudo

お店のトイレで見かけるコレの正式名称は、
ファイヤーホールドです。

諸説ありますが、
アメリカの消防署で1分1秒争う消防士が、
迅速に出動するため考案したのが始まりと言われています。

現在はトイレ清掃済みの印としても使用されています。

Twitterなどの登録の際に入力するグニャグニャ文字

captcha

このグニャグニャ文字の正式名称は、
CAPTCHAです。

Completely Automated Public Turing test to tell Computers and Humans Apart
の頭文字を取って作られた用語。

「コンピュータと人間を区別する完全に自動化された公開チューリングテスト」という意味です。

スポンサーリンク

肘をぶつけた時にビリビリする現象

fanibon

この現象の名前は、
ファニーボーンです。

しびれておかしくなることから「Funny=おかしい」の名が付きました。

思い出そうとしていることがあと一歩の所で思い出せない現象

tot

この現象の名前は、
TOT現象です。

舌の先まで来ているという意味のTip of the tongueの頭文字を取っています。

心理学用語です。

お金を注ぎ込んでしまって引き下がれなくなる現象

konkorudokouka

この現象の名前は、
コンコルド効果です。

超音速旅客機・コンコルドが由来。

開発時大赤字であることが発覚したが、
大金を投じたため後には戻れず最後まで開発を進めた事例から名付けられました。

太陽を見るとくしゃみが出る現象

hikarikusyamihansya

この現象の名前は、
光くしゃみ反射です。

メカニズムは医学的には解明されていませんが、
4人に1人は眩しいとくしゃみが出るとのこと。

大人数で何かをやる時手を抜く人間が必ずいる現象

ringerumankouka

この現象の名前は、
リンゲルマン効果です。

心理学者・リンゲルマンが行った綱引き実験で、
集団になればなるほど人は無意識のうちに手抜きをしてしまうという結果が名前の由来。

夜中恥ずかしい文章を書き朝見てドン引きしてしまう現象

mayonakanoraburetagensyou

この現象の名前は、
真夜中のラブレター現象です。

突然スターの真似ごとをしたり、
映画で号泣したり、
通販で高い買い物をしてしまうのも真夜中のラブレター現象。

頭の中で同じメロディーが繰り返されてしまう現象

dylankouka

この現象の名前は、
ディラン効果です。

ある小説で頭に残りやすい曲の代表として、
ボブ・ディランの名曲「風に吹かれて」が取り上げられたことが由来。

 - 月曜から夜ふかし

スポンサーリンク

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 記事の更新を続けたいので、拡散お願いしますm(_ _)m

  関連記事