マツコニュース

マツコ・デラックスのまとめ、ニュースブログ

*

マツコの知らないテニスの世界まとめ【松岡修造出演】

   

マツコ・デラックスの番組『マツコの知らない世界』(2015/7/28)で放送された、
「マツコの知らないテニスの世界」をまとめました。
matsukonosiranaitenisutop

松岡修造プロフィール

matsuokasyuzou

名前
松岡修造

生年月日
1967年11月6日(現在47歳)

職業
日本テニス協会理事/強化本部副本部長

略歴
95年 全英オープンでベスト8

98年 現役を退きジュニア選手の育成と強化にあたる

テニス人生に最も影響を受けたもの『エースをねらえ!』

知られざるプロテニスの天国と地獄

グランドスラム

テニスの優勝賞金は年々ストップ高で、
20年前と比べると約5倍です。

全豪オープン
賞金総額 約37億円 優勝賞金 約3億円

全仏オープン
賞金総額 約37億円 優勝賞金 約2億4千万円

ウィンブルドン選手権
賞金総額 約46億円 優勝賞金 約3億2千万円

全米オープン
賞金総額 約45億5千万円 優勝賞金 約3億5千万円

1回戦敗退で400万円もらえる事もあります。

男子ツアーランキング

danshitourranking

グランドスラムを頂点にし、
一番下のフューチャーズまで6つの階級に分かれています。

グランドスラムはランキング100位以内で入ることが可能です。

錦織圭選手のように下の階級から一気に登っていける選手は、
世界でも5年に1人。

松岡修造が天才だと思っているのは、
フェデラー選手と錦織圭選手だけとのこと。

下の階級であるフューチャーズの試合では、
ボールボーイがいません。

テニスコートも特別な場所ではなく普通の場所で、
華やかなグランドスラムと比べて環境があまり良くないです。

スポンサーリンク

フューチャーズで戦う日本の若手選手

tenniswakate

中川直樹

松岡修造が錦織圭2世と評するほど、
抜群のテニスセンスを持っています。

西岡良仁

170cmと小柄ですが、
強いメンタルを持っています。

ダニエル太郎

スペイン育ちで多くのトップ選手とプレー。

高い身体能力を持っています。

もっとテニスが楽しくなる!修造講座

テニスBIG4

近年の男子テニス界に君臨する4選手を紹介。

ロジャー・フェデラー

federa

通算1000勝越え。

史上最強のプレーヤーと言われています。

フェデラーのグランドスラム17勝は史上最多です。

現在33歳の大ベテランですが、
その中でまだ戦っています。

・柔らかい天才的なフィーリング
・力強い片手バックハンド
が特徴です。

アンディ・マレー

mare

イギリス人として77年ぶりにウィンブルドンで優勝し、
イギリスの英雄と言われています。

動きに緩急をつける頭脳派プレーが特徴です。

ラファエル・ナダル

nadaru

全仏オープン11年間で9回優勝しています。

試合以外でも常に走る最も体力のある選手です。

超人的なフットワークでどんな打球にも対応します。

ノバク・ジョコビッチ

dokovic

現世界ランキング1位。

・弱点のないテニススタイル
・相手の裏をかく正確無比なショット
・前へ前へと攻める攻撃的ネットプレー
が特徴です。

強靭なメンタルとハングリー精神を持つ選手。

テニスNEXT3

BIG4を脅かす次世代3選手を紹介。

マリン・チリッチ

chiricchi

身長198cmで打点の高さは3m以上です。

長身から繰り出す角度のあるサーブが特徴。

2014年全米オープン初優勝しています。

スタン・バブリンカ

baburinka

強烈なパワー型プレーヤー。

鋭く強烈なバックハンドが特徴です。

王者ジョコビッチを破り、
2015年全仏オープンで初優勝しています。

ミロシュ・ラオニッチ

raonicchi

錦織圭選手とグランドスラムを争う次世代のエース。

最高速度240kmを超える超高速サーブが特徴です。

錦織圭グランドスラム全制覇!?

nishikorikei

グランドスラムに最も近い男、
世界ランク5位の錦織圭選手を紹介。

全国が熱狂した昨年の全米オープンで、
世界一のジョコビッチ選手を破る快挙を達成しました。

松岡修造曰く、
この2年間の間にグランドスラムを優勝できれば、
4つのグランドスラム優勝(キャリアグランドスラム)の可能性が非常に高いとのこと。

・エアケイ
・歴代最高峰のバックハンド
・絶妙なドロップショット
が特徴です。

BIG4の多くは守り型ですが、
錦織圭選手は他の選手より前にポジションを取ります。

そうすることによって、
早く強い球を打ち返す事が出来ます。

エアケイ

airk

エアケイは、
ジャンプをしながら打つ錦織圭選手の代名詞です。

背が低くジャンプせざるをえないという所から生まれました。

クルム伊達公子

datekimiko

クルム伊達公子は、
女子テニスプレーヤー最年長です。

1996年に引退するも2008年37歳で復帰しました。

40歳を超えてもなおみなぎる闘志で、
代名詞「ライジングショット」も健在です。

2013年には大会最年長の42歳で、
再びウィンブルドン出場という偉業を果たしています。

世界のルールを変えた修造!

当時試合中は選手に触れてはなりませんでしたが、
松岡修造の試合中の痙攣をきっかけに試合中でも治療が受けられる、
シュウゾウマツオカルールが作られました。

しかし問題があり、
2010年に廃止されています。

 - マツコの知らない世界

スポンサーリンク

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 記事の更新を続けたいので、拡散お願いしますm(_ _)m

  関連記事