マツコニュース

マツコ・デラックスのまとめ、ニュースブログ

*

様々な匠の技を調査した件まとめ【月曜から夜ふかし】

      2015/03/05

マツコ・デラックスのレギュラー番組『月曜から夜ふかし』(2015/2/16)で放送された、
「様々な匠の技を調査した件」をまとめました。

優れた技術を持つ人のことを匠と言います。

番組では普段あまり日の当たらない匠が紹介されました。

アート

バナナ

バナナの匠
エンドケイプさん。

バナナを針でチクチクして絵を描きます。

針で刺した部分が酸化して黒くなることを利用したアートです。
bananaart

エンドケイプさん曰く、
「食べるまでがアートとして完結する」
「自分が作ったものを自分で取り込む感がすごい気持ち良いじゃないですか」
とのことで、
3時間かけた作品を食べてました^^

刺繍

刺繍の匠、
馬場達郎さん。

刺繍一筋45年。

刺繍業界の現在は機械が一般的です。

しかし、
馬場さんは全行程手作業で行っています。
sisyu

その匠の技から全国から注文が殺到しているとのこと。

おしぼり

おしぼりの匠、
中村泰隆さん。

おしぼり人形を操り、
踊りやお芝居を表現しています。
oshiboriningyou

門下生30人のおしぼり舞踊の匠です。

接待の場でやって、
商談成立に結びつくきっかけになったこともあります。

法廷画

法廷画の匠、
榎本よしたかさん。

法廷画とは、
撮影が許可されていない裁判中の様子を伝えるための絵。

月曜から夜ふかしをテーマにした法廷画
houteiga

スポンサーリンク

卵の匠、
石塚貴之さん。

創業60年惣菜店「松ばや」の今まで600万個売れた煮玉子。

その煮玉子の殻をもの凄く速く剥く匠です。
nitamago

どれぐらい速いかというと、
1分間で53個!

卵を茹でる前に軽くヒビを入れ、
茹であがりで冷水で冷やせば剥きやすくなるというのが匠の技。

誰でも出来るのではと思うかもしれませんが、
このレベルに達するまで20年はかかるということです。

経済効果

経済効果の匠、
宮本勝浩さん(関西大学教授)。

経済効果とは、
ある事柄が起こった時に色んな影響を含めて、
どれだけのお金が動いたか金額で示したものです。

宮本さんは、
東京スカイツリー 5900億円
阪神の日本シリーズ進出 429億円
アナと雪の女王 1831億円
などのあらゆる数値をはじき出してきました。

経済効果はどうやって算出する?

以前マツコ・デラックスが番組でわらび餅を美味しいと言った時の経済効果を例にします。
keizaikoukamatsuko

月曜から夜ふかし放送後、
わらび餅は一週間で売り上げが1000万円になりました。

経済効果の算出方法は、
元の売上からアップした分の金額(今回は伏せられています)が基礎です。

月曜から夜ふかしを見てお店へ足を運ぶ、
それ以外に飲み食いしたり交通費を使う、
そういうのを計算すると960万円。

・マツコ美味しい発言の経済効果その1
わらび餅を買いに行く際の交通費&飲食代

・マツコ美味しい発言の経済効果その2
わらび餅の原材料や包み紙を扱う会社も売上げUP

・マツコ美味しい発言の経済効果3
会社の売上げUPで従業員の給料もUP

それで新たな消費につながっています。

匠が算出した経済効果は、
宮本勝浩教授の計算によると8億1220万円

つまり、
マツコの一言で8億が動くということです!

 - 月曜から夜ふかし

スポンサーリンク

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 記事の更新を続けたいので、拡散お願いしますm(_ _)m

  関連記事