マツコニュース

マツコ・デラックスのまとめ、ニュースブログ

*

マツコの知らない牛乳の世界まとめ

      2015/03/05

マツコ・デラックスの番組『マツコの知らない世界』(2015/3/3)で放送された、
「マツコの知らない牛乳の世界」をまとめました。
milktopmatsuko

スーパーで買える!進化系牛乳

全国で販売されている牛乳・乳飲料は、
380種類以上あります。

現在牛乳離れが加速し、
牛乳を飲む人が減少。

さらなる牛乳離れを食い止めるため各社は力を入れており、
進化系牛乳が続々登場しています。

雪ミルク

雪ミルクは、
牛乳の口当たり・風味が苦手な人にオススメです。
yukimilk1
yukimilk2

牛乳で日本初のテトラトップボトルを採用しており、
冷蔵庫の隙間に横倒しでも保管できます。

開け口がしっかり閉まるので風味や美味しさが長持ち。

牛乳が苦手な人のためにサラサラ飲めて
シルクの様な口当たりを実現しています。

面白い殺菌方法をしていて、
脱脂乳とクリームに分けて除菌・殺菌、
合わせてクリーム量の調整をして殺菌しています。
yukimilkjyokinsakkin

そうすることによって、
コクや香りを引き出しています。

PREMiLカラダしっかり

PREMiLカラダしっかりは、
健康・美容に良い栄養を効率よく摂りたい人にオススメです。
premil

PREMiLは牛乳ではなく、
乳飲料。

牛乳と乳飲料の違い
牛乳  原材料が牛のミルク100%
乳飲料 牛のミルクに他の成分を加えたり、ミルクを使わず味を似せているもの

PREMiLは濃縮されたタンパク質やカルシウムを含み、
少量でも効率良く栄養摂取ができます。

しかし、
ビタミンは含まれていません。

なのでフルーツと一緒に食べれば、
バランス良く栄養を摂取できます。

例えばイチゴなら、
たんぱく質とビタミンCでコラーゲンを作り、
美肌効果が期待できます。

東京牛乳

東京牛乳は、
牛乳の鮮度にこだわる人にオススメ
tokyogyunyu

東京都内の酪農家約50戸から毎日生乳を集め、
1日2万本限定生産です。

乳質が良い酪農家からのみミルクを集めることで、
常にコクのある味わいになっています。

スポンサーリンク

絶品!ご当地牛乳

お取り寄せしてでも飲んで欲しいご当地牛乳ツートップを紹介。

東毛酪農低温殺菌牛乳63℃

toumougyunyu
toumougyunyu2

東毛酪農低温殺菌牛乳63℃は、
自分たちの畑で作った高品質なエサで牛を育て、
組合生産者の中でも限られた酪農家からのみ集乳しています。

時間が経つと生クリームが浮かぶのが特徴です。
toumougyunyunamakurimu

本来牛乳に含まれる乳脂肪は時間が経つと、
水分と分離して表面に浮きます。

しかし市販されているほとんどの牛乳は、
そうならないように乳脂肪を細かく砕き浮かばないようにする処理をしているんです。

それをホモジナイズドと言います。

この牛乳はその製法をしていないため、
ノンホモジナイズドです。

南ヶ丘牧場ガーンジィゴールデンミルク

goldenmilk
南ヶ丘牧場ガーンジィゴールデンミルクは、
貴重なガーンジィ牛のミルクです。

現在日本にいる乳牛の数は約139万5000頭で、
ガーンジィ牛は200頭しかいません。

ガーンジィ牛はイギリスのチャンネル諸島ガーンジィ島原産の品種で、
貴重さと乳質の良さから英国王室御用達になり「貴族の牛乳」と呼ばれました。

goldenmilkmatsuko

ホルスタインのミルクよりも乳脂肪が多いため濃厚な味わいです。

牛乳を入れるだけ!簡単レシピ

高級和風スイーツ 牛乳おしるこ

gyunyuosiruko
牛乳おしるこの材料
・大福1個
・牛乳

作り方
1、大福をそのまま器に入れ、牛乳を3分の2浸るぐらい注ぐ
2、密閉せず空気の通り道をあけてラップをかける
3、電子レンジで約2分間加熱(700W)する

あんこの甘さと牛乳のコクが相性抜群です。

本格イタリアン 牛乳リゾット

gyunyurizotto
牛乳リゾットの材料
・冷凍焼きおにぎり1個
・スライスチーズ1枚
・牛乳

作り方
1、冷凍のままの焼きおにぎりを器に入れ、スライスチーズを乗せる
2、焼きおにぎりが3分の1浸るくらい牛乳を注ぐ
3、密閉せず空気の通り道をあけてラップをかける
4、電子レンジで約2分30秒加熱(700W)する
5、お米をほぐして牛乳を吸わせれば完成

牛乳っぽさはなく、
牛乳の甘みが醤油の風味を引き立たせ、
コクのある味わいになっています。

 - マツコの知らない世界

スポンサーリンク

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 記事の更新を続けたいので、拡散お願いしますm(_ _)m

  関連記事