マツコニュース

マツコ・デラックスのまとめ、ニュースブログ

*

桐谷さん春の大掃除問題まとめ【月曜から夜ふかし】

   

マツコ・デラックスのレギュラー番組『月曜から夜ふかし』(2015/3/30)で放送された、
「桐谷さん春の大掃除問題」をまとめました。
kiritanisanharunooosoujitop

桐谷さんと株主優待

株主優待とは、
企業が株主に自社の商品や優待券などを贈る制度です。

現在日本の上場企業の3分の1である約1160社が株主優待を行っています。

それに伴い、
株主優待を目的に株を買う人も増加。

そんな世の中で株主優待だけで生活する人物が、
桐谷広人さんです。
kitanihiroto

桐谷さんは約600社1億6千万円以上の株を保有する投資家。

日々の生活を株主優待生活でまかなっています。

この春桐谷さんにはしなければならないことが・・・

それは部屋の片付けです。

とある雑誌で妹さんに桐谷さんの部屋を見られ、
「一刻も早く片付けろ」と言われたとのこと。

加えて、
散らかり過ぎて日々の生活にも支障をきたしています。

スポンサーリンク

2日間の密着

1日目は優待券の使用と夜のトークショーで、
2日目は大掃除です。

※株主優待券に関する記述は2015年3月4日現在のものです。

1日目

午前10時45分
自宅を出発
jitakusyuppatsu

午前11時
新宿のいきなりステーキでランチ
ikinarisuteki

約27万5000円株を買うと年間5000円分の食事券がもらえる、
ペッパーフードサービスの株主優待券を使用。

次は百円ショップのキャンドゥ。
cando

約15万6000円株を買うと年間2000円分の優待券がもらえる、
キャンドゥの株主優待券を使用。

ホウキを買って移動です。

午後12時30分
新宿から高田馬場のヴィレッジヴァンガードへ
bireban

「もう一度会いたくなる人の話し方」という本を購入。
kiritanisangakattahon

しかし本を買っても今までほとんど読んだことは無く、
表紙しか読まないとのこと。

今回この本を買った理由は、
・講演をすることが多くなったから
・表紙に美女が写っているから興味をそそられた

次に向かった先はブックオフ。

6月までの優待券をまだ1枚も使ってないので、
来ました。

優待券をきっちり使うため、
一冊ごとに店を変更。

ブックオフで桐谷さんが買ったのは、
「断捨離」です。
dansyari

断捨離とは不要なモノを減らし人生に調和をもたらそうとする生活術。

次の日に大掃除するということで買ってみたとのこと。

次は上野の東京国立博物館へ。

しかしその道のりは乱高下。
rankouka

45分かけて行き、
見れたのは15分でした。

次は上野のから銀座のリーガルシューズという靴屋へ。
rigarusyuzu

初めて優待を取ったので、
見に来たとのこと。

約34万円株を買うと5000円分の優待券がもらえるのがリーガルの株主優待です。

桐谷さんの足のサイズは24cm。

足が小さいので靴を選ぶのも一苦労です。

店員さんにオススメを聞いてみると、
人生初の赤い靴。
kiritanisanakaikutsu

桐谷さんは5000円券1枚しかないため、
2万円以上する赤い靴は諦めました。

次は銀座から両国のスポーツジムへ

しかしトークショーまでの時間を考えると、
滞在出来るのはわずか30分。

午後5時両国に到着。

やってきたのスポーツクラブルネサンスです。

バイクで10分、
ランニングで10分、
謎の運動10分で終了。
nazonoundou

時間がないので、
トークショーをする池袋に全力疾走です。

無事間に合い、
将棋に関するトークショー開始。
kiritanisantalkshow

しかしトークショー開始20分を過ぎると、
将棋ではなく優待券にまつわるマシンガントークが炸裂します。
kiritanisankabunushiyutaitalk

今日は松本さんの出版イベント。

しかし桐谷さんは止まらない。

株などを一切やらない松本さんは困惑。
kiritanisantalkshowmatsumotosan

密着2日目

桐谷さんの1日は、
基本的に「優待券を使うこと」と「株の取引」だけで終わってしまいます。

それに対して優待品はほぼ毎日届き、
優待券で物も買うため部屋は散らかし放題に。

桐谷さんの部屋
kiritanisannoheya
kiritaniburakkuhoru

この部屋を徹底的に片付けます。

最初は携帯電話探し。

次に桐谷さんは服を片付け、
スタッフは明らかにゴミと思われるものを片付けることに。

しかし桐谷さん曰く、
明らかなゴミはあまり無いような気もするとのこと。

スタッフはスリッパを履いて掃除。

桐谷さんにも薦めると、
床の汚れがよく分かるという理由で素足のまま。
kiritanisansuashiriyuu

ブラックホールの中から出て来た様々なモノを紹介

松たか子
borupenmatsutakako

松たか子の写真が貼り付けられたボールペン。

桐谷さん曰く、
松たか子のお化粧した顔が好きとのこと。

しかし、
松たか子のスッピンを知っているわけではありません。

新聞の切り抜き
sinbunkirinuki

将棋の勉強になりそうな記事を切り抜いています。

かまぼこ板
kamabokoita

木の塊が欲しいなっていう時のために捨てずにとっています。

色々な女性
iroironajyosei

通販のカタログに出てる美女など、
色々な女性の切り抜きを集めています。

お母さんからの手紙
kiritanisanhahakaranotegami

桐谷さんが上京以来、
30年以上毎月欠かさず届いていた手紙です。

大掃除の続き

掃除も進み、
床が見えてきました。
kiritanisannoheyayuka

しかし、
ここからが片付きません。

読まない本が多く、
気づかずに2冊買ってしまうことも。

しかし、
1冊を捨てるということもできず・・・
kiritanisannokinounokakugo

桐谷さんはモノへの愛情が深く、
捨てるのは忍びないと思ってしまうようです。

モノがA地点からB地点に移動しているだけで、
大掃除は進みません。

スタッフ総出で掃除し続けること7時間。

床がしっかり見渡せるように。
kiritanisannoheyasoujikanryou

しかし、
隣の部屋はまだブラックホール状態。
soujikanryoutonarinoheya

全面的に床が見えるようになったのは、
引越し以来とのこと。

掃除完了を妹さんに報告。

すると部屋のチャイムが。

イルマニア登場です。
yattekitairumania

なぜイルマニアが来たかというと、
彼は普段ゴミ収集の仕事をしているため。

桐谷さんのゴミの運搬を快く引き受けてくれたのです。
gomiwohakobuirumania

2人の共演は、
特に化学反応が起こるわけでもなく、
ゴミがしっかり運び出されて終了。

 - 月曜から夜ふかし

スポンサーリンク

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 記事の更新を続けたいので、拡散お願いしますm(_ _)m

  関連記事